人生を表現する活動日誌

MENU

《ダンスの振り付け》自分の感情・感覚がダンスを創ることにつながっていく

ども、振付家のテツオ(@t_yamamomon)です!

内観作業を通してダンスの振り付けイメージが降ってくると考えている

今年は振り付けしかしないと決めてから、自分の作品を出せる場所を探している。

いくつか見つけたからもちろんそこには応募していく!

自分のノートにイメージを描いたりする時間がすごくワクワクで、

「うおお! 早く振りをつけていきたい!」

という感情がメラメラ!!

f:id:yamamon0715:20171209224810j:plain

 

それで、振り付けをしていくにあたって同時に自分自身のことをもっと知ろうと内観作業をする時間を作っていて、まだまだだけどもっと深く自分の感情や感覚を知っていきたいっていう欲求があるんだよね。

 

  

なぜなら...

自分自身を知ることが、得たインスピレーションやダンスのイメージの解釈につながっていくから!!

 

YouTubeでダンスの動画なんて当たり前のように見れるし、振り付けのアイディアをそこから引っ張ってくることは簡単。

 

ただダンスを創るっていうのは決してただ動きを創ることではないんだと思ってて、

感情やイメージが具現化すると動きはおのずと降りてくるものなのではないか、という認識が最近強い。

 

それにこそエネルギーがあって深みのあるものが創造されるんだろうなって考えているから、もっと自分のことを知る作業をしようというわけです♫

f:id:yamamon0715:20171208235054j:plain

 

エネルギー×エネルギーの掛け算がダンスを創造させる

ただ何にでもエネルギーが発生するとは思っていなくて。

これは僕自身の役割がどこにあるのか、っていうことで変わってくるんだろうな。

 

僕は創造することにエネルギーが入る。

だから、ピュアなエネルギーにするために違和感のある余計なものを入れず自分のしたい振り付けに今は集中しているんだよね。

 

そんなエネルギーのある創造とエネルギーのあるダンサーが掛け算すると、奥深いものが生まれるんじゃないだろうか。

 

エネルギー×エネルギー!!!

 

だから僕はまず自分自身を知ることが必要なんだろうな!!

 

ダンサーも同じく自分自身を知る必要がある

これは振り付けをする側だけでなく、ダンサー自身も必要になるんだろうな。

 

「言われたことをただ踊る」という状態ではなく振付家のイメージ・意図を自分の中で整理して自分なりに解釈をして踊る。

じゃあ整理する、解釈するために必要なのは自分自身を知る内観作業が必要になるんだよね。

 

技術だけでダンサーを見ればレベルの高い人はきっといくらでもいるんだろう。

同じ技術力を持つ人の中で自分が抜きん出るためには自分自身の強み・エネルギーの出どころなんかを知って最大限に出すことも大事なのかもしれない、と思う。

 

ってことで僕は今あんまり外に顔を出さないようにしているし、SNSも極力見ていない。外に目を向けてばかりいると、僕自身は集中することができない人なので!

 

まずは目の前の自分のやることに集中して表現していきます!!

f:id:yamamon0715:20171209182149j:plain

 

ではまた!!

 

▼LINE@で繋がろう♫

f:id:yamamon0715:20171216000012j:plain