人生を表現する活動日誌

【西日本豪雨災害】宇和島市へボランティアに松山から参加する方法・流れ・猛暑対策

f:id:yamamon0715:20180805114507j:plain

どうも、テツオです。

 

本日、西日本豪雨災害の被害に遭われた地域にボランティアに行ってきました。

 

正直言ってテレビの報道だけでは感じることの出来ないものを目にし、自然の恐ろしさを知りました。

 

そして、実際に行き被災地の助けになることも大きな支援になるんだということを今回初めて参加しとても強く思いました。

 

初めての参加で1日だけしか行ってない分際ではありますが、この記事を読んで少しでも実際に現地に行く際の必要なものなども参考にしていただければ!

 

 

西日本豪雨災害】宇和島市のボランティアに松山からバスで参加する方法

僕は今回愛媛県宇和島市の被災地へのボランティアに参加しました。

 

宇和島市へのボランティアは、松山市から無料送迎バスがあるので車が無い方もこちらを利用すると良いかと。

(ちなみに僕は免許を持っていないのでバスで参加しました。)

 

▽下記ページに詳細が載っています。

ehimesvc.jp

 

ボランティア申し込み

上記ページには「松山市社会福祉協議会へ直接またはFAXで申し込み」と書いてありますが、僕は電話で申し込みが出来ました。

 

定員が45名なので混みやすい土日は早めに予約をしておいた方がいいです。

 

ちなみに別の被災地(大洲市など)は送迎バスがありません。

しかし、車の場合は申請すれば高速料金を無料にしてもらえるそうです。

 

バスでボランティアに参加する方の流れ
  1. バスでボランティアに参加する方は松山城近くの広場の北口からバスが出ます。
  2. 7時に受付が始まり、7時30分に出発。
  3. 9時に到着しそこで班分けされます。(この◯人の方々は〇〇さんの家にお願いしますという感じです。)
  4. 9時半頃から作業開始。
  5. 各班にリーダーの方がいるので、その人の指示でどう作業していくかを決めていきます。
  6. 場所によりますがだいたい15時まで作業をして終了。
  7. 帰りのバスに乗り17時半頃に松山に到着でおしまいです。

 

 

ボランティアに参加する時に必要なものは

ボランティアの際、はじめての人だと必要なものが分からなかったり、HPに書いてるけれど不安な人もいるかと思うので「これは絶対にいる!」というものを書きます。

 

  • 水分(水・スポーツ飲料)
  • 食べ物(夏は腐りやすいので、保存しやすいものが良いかと!)
  • 汗拭きタオル(2枚くらいあった方が良い)
  • 長靴(泥だらけの場所に入る場合もあります)
  • 長袖シャツ数枚(汚れがつきますし、汗もいっぱいかくので予備のご準備を!)
  • 着替え(活動が終わった後の服)
  • 帽子
  • マスク(土埃がひどい場所などではマストアイテムです)
  • 防塵メガネ(僕は一応装着して作業していました)

食べ物に関しては僕は保冷パックに詰めてオニギリとお菓子の梅を持って行きました。

汗が大量に出るので塩分も必要なので。

 

飲み物は水だけでなくスポーツ飲料なども必ず持っていくようにしてください。

 

場所によってはタオルやお水などを支給してくれますが、なるべく自分で持参するように。

 

猛暑対策に水分は多めに・塩分。 自分の体を大切に!

先ほども書きましたが、水分はこれくらいかな...と感じる以上に持って行った方がいいです。(僕は2ℓの水とスポーツ飲料を1つずつ持って行きました。)

そして、喉が乾いていなくても少量ずつ飲む癖付けをしておきましょう。

 

お昼過ぎから暑さがピークに達してくると本当に暑いです。

直射日光を浴びながらの作業もある可能性がありますが、中の作業だとしても熱気や匂いで体調を崩される方が多かったです。

 

定期的に休憩を作ってくださいますが、自分が少しでも調子が悪いと感じた場合はすぐ休憩をとりましょう!!!

これが一番大事だと思いました。

 

自分が元気でなければせっかく現地にボランティアに来ても元も子もありません。

少しでも現地の回復を願うのであれば、自分が休むという選択をしてください。

 

お金や支援物資も必要ではあるし現地の人は人手を探している

こういう震災があると募金活動や支援物資を送るということがすぐに行われています。

 

もちろんそれは必要なことであります。

 

しかし実際に現場へ行くと、土砂崩れで家がなくなった方も多く家は残っていても浸水などで住めるような環境ではなくなっているところも。

 

田舎なので、ご老人の方だけという場所も多くそんな方々だけでは家をなんとかしようとしてもできないのです。

 

だから、人手も必要なんだと感じました。

僕ら人間ができることは自然を前にすると本当に小さなことしかできず、物を片付けたり掃除をすることぐらいです。

そんなことだけしかできませんが、その積み重ねでしかない。

 

ボランティアには中々参加できない方も多いと思いますので、その様な方々はいろいろな手段を通して支援をしていただけますと大変嬉しいです。

 

もし、この記事を通してボランティアに参加したいと行動してくださる方が一人でも増えてくれたらもちろん嬉しいです。

 

よろしくお願いします。

 

ehimesvc.jp