人生を表現する活動日誌

人生に準備が完璧にできる日は来ない。必要なことは行動し挑戦すること。

f:id:yamamon0715:20180814234041j:plain

ども、テツオ(@t_yamamomon) です!

 

何かに挑戦する時に、これができたら始めよう。

とまずはリュックの中身を忘れ物がないように、準備をシッカリしてから行動しようとする人がいるじゃないですか?

 

別に準備することは悪くないんだけれど、でもそれって何かをすることから逃げている言い訳じゃないのだろうか。

 

www.artist-tetsuo.com

 

 

人生の中で挑戦する準備が完璧にできる日はやってこない

僕は人生で挑戦する時に、準備が完璧にやってくる日は一生やってこないという考えがあります。

 

・お金がこれだけ溜まったら

・ある程度の人脈を作ったら

・もう少し自分の時間ができてから

・自分の気持ちが本当に動き出そうと決めたら

・キッカケがどこからかやってきたら

・まずはいろいろ勉強してから

 

全てとは言いませんが、挑戦する準備と呼ばれているものが完璧に自分のリュックの中に入るのはいったいいつなのだろうか?

 

これらを全て準備するとなると何年もかかるし、その間にやりたいことへの情熱が下がる。

そういう時こういう言い訳が出ます。

 

「まあ...縁がなかっただけ。」

「今ではない違うタイミングなだけさ」

 

それは、やらなかった言い訳にすぎない。

 

 

僕も何度もそんな言い訳をして色んなことを辞めてきてて...

心にグサグサと刺さる...

 

やりたいことへの準備は行動しながら作っていくもの

準備に一生をかけていたら肝心の本番はいつくるのって話になります。

 

準備が完璧にできる日はやってこないのです。

仮に忘れ物なんてした日にゃ、家までダッシュで帰る始末ですよ。

 

であれば、準備はいつすればいいのか...

行動しながら作っていくしかない!

 

まずはできることや思いつくことからやってみる。

そうすると、実際問題何があって何が足りないのか「課題」を知ることができる。

 

そして足りない部分を補っていけばいいんです。

 

挑戦するために自分で全部をやろうとせずにできる人にどんどんお願いする

足りない部分を全て自分一人で補おうとしなくていいんです。

 

僕はアート集団『ZERO.』を作っていて、舞台とアパレルをまずは広めていこうと行動をしているのですが、僕は服をデザインできないし作ることだってできません。

 

これから勉強をして準備万端になってから挑戦してもいいんですけど、おそらくその頃には僕の熱意が別のものに移っている気しかししないです。

 

だから、別のデザインをできる人たちに頼みます。

僕には僕の役割があり、その方々にも役割があるのでそれらをうまく循環させていけばいい。

 

 

舞台(ダンス劇)の脚本を脚本家・演出家のハギーさんにお願いしていますし、演出も共同です。

 

僕よりも脚本のことを勉強していて場数を踏んでいらっしゃる方にお願いして一緒に作り上げた方が確実にスピードも上がるし、良いものが作れるんです。

 

プライドを捨てて出来ないことは人に頼んでしまうことも大切

なんでも自分でできる人はいいんです。

 

でも、出来ないと思っているのに人に頼むのは...と迷っているのは単に自分のプライドが高い証拠。

 

そんなプライド持ってても役に立たないので、信用できる人にお願いしちゃいましょう!

 

行動と実践にこそ、ネットや本では得られない必要なことがある

いくら本を読もうが、自分の考えや願いをノートに書こうが僕は何も叶わないと思っています。

 

もちろん書くことで、やりたいことを意識することや心の整理につながることはもちろん頷けます。

 

 

行動・実践をすることから得られるもの以上の知識というものは他にはないのではない。

そのリアルで得られた経験こそが、僕らにとって必要なことを教えてくれるものなんだと思うんです!

 

だから挑戦するために「まずは...」と準備を完璧にしようとせず、とりあえず行動してみたらいい!

 

失敗してもいい恥をかいてもいい!

その経験は自分の次の挑戦にも活かされるし、誰かに伝えることだってできるのだから。

 

 では!