人生を表現する活動日誌

MENU

彼女と別れることで気づけたこと/お互いが理解しあえる関係性を作っていく

ども、振り付け家でバレエ講師のテツオです!

 

先日約4年9ヶ月ほど付き合っていた彼女と別れました...が再び元に戻り(復縁っていうんですかね?)また付き合い始めている。

 

ただ、彼女は東京を離れ、地元愛媛県にかえる。

そして僕らが実現したいね!って言っていたことを地元でできるように僕は東京から愛媛に通いながら実現させていく。

つまり遠距離恋愛になるということだ。

 

今回は彼女と別れて僕が思い感じ考えたことを書いていこうと思う。

 

▽テツオのプロフィールはこちら

www.artist-tetsuo.com

 

 

彼女と別れることになって思い出や感情が溢れてきた

彼女と別れることで今までの思い出が蘇ってきた。

改めて、僕は彼女が本当に大好きな存在だったんだと気づいた。

f:id:yamamon0715:20181015230426j:image

 

そして、愛おしい存在を再認識し涙が止まらなかった。

 

今まで見てきた笑顔や笑いあったことや泣いた事が人生最高の瞬間だったんだと感じた。

 

でも、2度と起こらないんだと思うと寂しさや悲しさがどっと溢れてきた。

なんならこんな事が起こってしまった人生を憎んでさえいた。

 

近くにいるのに遠くにいる存在

彼女が実家に帰るのは僕の家が決まってからだと言った。

それまではとりあえず一緒のシェアハウスに住んでいたわけだけど、その日々は苦痛でしかなくて殆ど毎日泣いていた気がする。

 

こんなに近くにいるのに、心はこんなに離れてしまっているのか...

 

触れたいけど触れれないその時間は寝ることも出来なかったしあんまり食事も喉を通らなかった。

 

テツが遠くにいる気がする。

 

そう言われた感覚が分かった気がした。

僕は彼女に寂しい思いをさせてしまっていたわけなんだが、その寂しいという感情に共感する時間があった。

 

数日離れて考えた結果ちゃんと理解をしたいと思った。

熊本でリハーサルがあった僕は1人東京を離れ数日だけだったけど、孤独に考える時間ができた。

 

その時感じたのは、「彼女がいない人生は考えれない」ということ。

f:id:yamamon0715:20181015230801j:image

 

もっとちゃんと理解をし合って、お互いが理想とする未来に向かって進んでいきたい。

そんな将来を築いていきたい!

 

そう感じた。

 

だから、東京へ戻ってすぐ彼女に自分の思いを伝えた。

 

ちゃんと出会って理解したい

 

分かり合って2人の未来を創造していこう

 

そう伝えてまた2人で歩んでいくことになった。

 

世界中に星の数ほど女性がいても、たった1人を大切にしていきたい

熊本へ向かっている時にとあるブログを読んだ。

 

彼女と別れた人に伝えたいこと、みたいなタイトルだったと思うけどタイムリーやなと思い目を通してみた。

 

その中にあった言葉、

「女性は星の数ほどいるから、別れても気にするか」ということ。

 

確かに...と頭では理解はできた。

 

でも、僕は考え方が違うなと同時に思った。

 

星の数ほど女性がいようが、僕はたった1人の女性を大切にしたい。

 

だから、もう一度出会いなおして始めていこうと決めた。

 

彼女と遠距離になるけれど、2人の理想とする未来を創っていく

彼女は結局帰る。

それは決まっていることだ。

 

「東京は息苦しい」

そう言っていた彼女はむしろ離れた方がいいと思う。

 

だから遠距離にはなるけれど、愛媛に僕が帰ったり彼女が東京に来たりになる。

 

愛媛でカフェをしたいね!

そう以前から言っていたあの未来を作っていく。

 

まだ僕は東京でやるべき事があるから、それもやる。

 

でも2人で創る未来も実現させていくよ。

そのために「今」そばにいてくれる彼女の事と心から分かり合い、深いところから繋がれる関係性を作っていく。

 

一度別れたけれども、また出会ってくれてありがとう。

f:id:yamamon0715:20181015231041j:image

 

これからの未来が楽しみだ。

 

では!

 

▽最新振り付け動画

www.youtube.com