人生を表現する活動日誌

MENU

自分にわからないものにも価値があり、趣味や遊びが仕事になる時代

blog.tinect.jp

ども、バレエ講師・振付家のテツオです!

 

⬆︎の記事で言っていること、とても分かる!

自分の趣味に対して、「それって人生の役に立つの?」とか言ってくるやついた!

 

役に立つか立たないかという2曲の物差しでしか見ることができない生き方は僕は好きじゃない。

ってか役に立つの?と聞かれても自分がそれを楽しんでいる時点でもう役になっている。

 

▽テツオのプロフィールはこちら

www.artist-tetsuo.com

 

 

趣味が役に立つ立たないではなく、好きなのかどうか

結局本人が好きで趣味を楽しんでいたらもうオッケーだと思う。

 

それがゲームだろうがYouTubeだろうが絵だろうが。

 

大切なのは好きなのかどうかだろ

 

役に立つか立たないかで判断するということは自分の心が好きと言ったものもしないということだ。

 

それって、自分を生きてないよな。

 

誰も実用的なものかどうかで趣味を選ばない

僕はダンスが好きだからたまによく家で踊っている。

ゲームも好きだからオンラインで友達とよくゲームをやる。

本を読むことや映画を見ること、最近はDJも始めた。

 

これは全部趣味だけど、実用的なのか・役に立つのかでは選んでいない。

f:id:yamamon0715:20181025234800j:plain

 

ただやりたかったから!

 

それ以外に理由はない。

 

趣味に無駄なものなんてない

趣味ってすごい没頭できて楽しくて普段使っていない思考を使うと思っている。

 

全然仕事と関係ないことをやってみることで思考が一度リセットされて、仕事に戻った時にふと新しい発想が生まれたりする。

 

だから、無駄なものやことなんて絶対にないんだよね!

f:id:yamamon0715:20180622234720j:plain

 

そんな時間の過ごし方ができないなんて、それはAIと一緒。

言われたこととかシステム化されたことしかできない人はこの先需要がないと僕は思う。

 

 

分からないことに対して学ぼうとしない人に未来はない

よく分からない=意味のないもの・ダメなもの

 

よく分からないというのは、自分の外にある新しいものに触れたことだ。

それを知ろうともせず表面だけを見て判断をする姿勢はやめた方がいい。

 

生き方が多様化しインターネットのお陰で新しいものがどんどん発見される情報化社会で、何にも知ろうとしない生き方は危ない。

 

たった1人でも人が夢中になるというものには価値があるという事。

そういうものに積極的に触れたり知ることをやっていくべきだ。

 

これからは趣味や遊びが仕事になる時代

YouTubeが大好きで見てたから、自分もやってみて続けていたらYouTuberになった。

 

絵を描くのが好きで、絵を描いてSNSで発信していたら絵が売れてきた。

 

これは全部自分の趣味の延長線上で仕事になったという話。

 ただ好きで夢中でやっていたから仕事になっていて、今の時代はこんな事が僕の見る限り起こっている。

これからは遊びが仕事になる時代だよな。

 

 

だから、無駄なのか無駄じゃないのか・役に立つのか立たないのかを考えるんじゃなくて、面白いのか面白くないのかで判断してワクワクしたなら始めればいいんだ。

 

それが仕事になるとか考えないで、とりあえずまずは楽しんでみる。

 

それがいいと思う。

 

では!

 

▽最新振り付け動画(チャンネル登録よろしくお願いします!)

www.youtube.com

 

f:id:yamamon0715:20171216000012j:plain